カフスボタン・ネクタイピン・スーツアクセサリー専門店カフスマニア

◆タイピン、ネクタイピンとは?


タイピンとは
タイピン、ネクタイピンとは、総じてネクタイをワイシャツに挟んで留める、装身具のことです。カフスボタンとネクタイピンはセットでよく付けられています。

ネクタイは、首からぶら下がっていますので、屈んだり、お辞儀をしたりなど体を動かすと、ずれたり動いたりして、邪魔に感じることがあります。そのため、ネクタイがズレたり、大きく動かないように、ワイシャツに固定をするために使われています。

日本では「タイピン、ネクタイピン」と呼ばれることが多いですが、この「タイピン、ネクタイピン」もカフスのカフスボタンと同じ様に、和製英語でしかありません。
海外では『Tie bar』,『Tie clip』,『Tie clasp』『Tie slider』などと形状によって呼び方が異なり、「タイピン」と言っても、海外に行くと通じないことが多いのでご注意を。

人気なデザイン・ブランドだけではなく、ネクタイピンの付け方、付ける位置によって機能性やビジュアル的な印象は変わってきます。以下の記事を参考にして、男性の数少ないアクセサリーとして、ファッション性を楽しんでみませんか?

 <主な形状・種類と呼び名>
◆タイクリップ
ワニグチなど、バネの力を利用したクリップ式のタイプ。
クリップ式になっているので、付け外しが簡単。
大抵棒状の物で挟んで固定するので、ネクタイを留める力は大きいのがと言われていますが、バネが緩むなど壊れやすいのも特徴です。
タイクリップ
◆タイスライダー/タイスライド
タイとシャツにスライドさせ、挟んで付けるタイプ。
欧米のブランド・メーカーの物はこのタイプが主流。
繊細な生地のシルクのネクタイなども痛めにくいために多く採用されているそうです。付ける際に先を少し広げながらネクタイに挟むというコツが必要ですが、もちは良いです。但し、広げすぎに注意で、万が一緩んでしまったら厚手の布で挟んでからペンチで押すと戻ります。
タイスライダー
◆タイチェーン、ネクタイチェーン
鎖を回し、チェーンにて留めるタイプ。
ネクタイピンよりは窮屈感が少なくも、かがんだ時にもネクタイが垂れないので、ユルイ感じが好きな方におすすめ。
ネクタイチェーン
◆タイ・タック(タックピン)
ピンバッジのように、ネクタイに刺して使う。多くは後ろに鎖が付いていて、その先の輪でシャツのボタンや穴に引っかけて留める。
ネクタイチェーン
ネクタイピンを着けるおすすめの位置

< ビジュアル面でのメリット >
ネクタイが乱れることを防いでくれるので、キッチリとした雰囲気を醸し出せます。
何よりもVゾーンにポイントを作り引き立ててくれるので、エレガントな大人の雰囲気をアピールできます。

< 機能面でのメリット >
風に吹かれたり、お辞儀をしたりする際に動いてしまうネクタイは、邪魔に感じてしまうことがあります。そんな場合は、ネクタイピンで固定してすっきりさせましょう。
スーツのジャケットを脱いだ時はやや下気味に付けると、ネクタイがしっかり固定されて機能的です。
食事やオフィスでのデスクワーク、手洗い時にも便利です。
位置は、ネクタイの幅が最も広いところか、ややその上がバランスが良いです。
 
ネクタイの付ける位置
上に着たジャケットから少し顔を覗かせる程度の位置に装着するのが基本。 少し下に装着する方が、前かがみになった時にネクタイが邪魔になりにくく、実用性が増す。  最近ではやや上の方に装着してネクタイピンの存在感を主張する人も増えています。
       
シンプル・スタイリッシュ パワーストーン・天然素材 ユニーク・面白モチーフ
カラフル ストーン付 和風・蒔絵・漆塗
  • 上段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

カテゴリーから探す

通販サイト運営カレンダー

モバイルショップ

ロングバナーの説明文

カテゴリーから探す