カフスボタン・ネクタイピン・スーツアクセサリー専門店カフスマニア

タイバー、タイピン、ネクタイピンとは?


今の日本ではタイピン、ネクタイピン、という名前が一般的になっていますが、タイピン・ネクタイピンは和製英語です。海外では通じないと思っていた方が良いでしょう。昔はタイクラスプ(tie clasp)またはタイクリップ(tie clip)という呼び名が一般的で、ときどきタイバー(tie bar)とも呼ばれていました。

タイスライダー(tie slider)、もしくは単にスライダー(slider)という呼び名は主にイギリスで多く呼ばれたようで、日本では1930’s(サーティーズ)スタイルが好きな人たちの間で定着しているようです。
「エスカイア版20世紀メンズ・ファッション百科事典」によると、1920年から1930年代に流行したようですが、実際には1920年以前から存在はしていたようです。

つまり、タイピン、ネクタイピン、タイバー、タイクラスプ、タイクリップ、、、、厳密にいうと、少しづつ形状が異なるのですが、殆どはネクタイに挟んで付ける同じもので様々な呼ばれ方をしています。

<タイバー、タイピン、ネクタイピンの形状>
現在のものは日本始めアジアではクリップ式が主流で、スライド式のものは欧米を中心に多く使われています。どれも基本的にネクタイとシャツの前立て部分を挟んで固定する仕組みです。
タイピンの形状 タイピンの形状
バネ式のクリップ形状で、付け外しが簡単。しかし、クリップ式によくある滑り止めの突起物がシルクなどの繊細な素材を傷付ける恐れがあるので、ご利用の際はご注意ください。


 
欧米では、古くから使われてきた形状ですが、着ける際に先を少し広げながらネクタイに挟むため、ちょっとしたコツが必要です。広げすぎないようにご注意下さい。万が一広がってゆるくなってしまった場合には、キズ防止のために厚手の布の上からペンチで根元をゆっくり押すと、開き具合を直せます。

現在は日本ではネクタイピン、欧米ではタイバーと呼ぶことが一番多い様です。
カフリンクスと同じく、ここ数年復活してきたアイテムで、スタイリッシュでシンプルなデザインが増えてきました。

男性のスーツスタイルに違和感なく着けられる珍しいメンズのアクセサリーと言えるのではないでしょうか?

<タイピン、ネクタイピン、タイバーの最近のトレンド>

タイピンのトレンド タイピンが出始めた当初はアールヌーボーの影響からか、バラやユリなどの花柄が多かったようですが、次第にテニスラケットやゴルフクラブ、犬、馬といったスポーツに関するモチーフに変わっていきました。

現在では、ネクタイがメインでネクタイのワンポイントとしたシンプルな物や、逆にシンプルなネクタイに目立つような色遣いのカラフルなものや、カラーコーディネートを楽しめるような凝ったデザインのものも、ブランドを中心に出されており、堅くなりがちなメンズファッションに華やぎをもたらしています。また、男性へのプレゼントとしても定番のアイテムになっています。

  • 上段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

カテゴリーから探す

通販サイト運営カレンダー

モバイルショップ

ロングバナーの説明文

カテゴリーから探す